プレースタイルを変え、ポジションを変更しながら、常に偉大なキャプテンとして君臨したローター・マテウス


Diego Maradona / The Fox of Arabian Peninsula

ローター・マテウスは、1961年3月21日生まれのドイツを代表する元プロサッカー選手。現役を引退後は各国でサッカーナショナルチームの監督を務めるなど指導者として活躍している。マテウスは40歳になるまで非常に長期にわたる現役生活を続けた。彼は年齢によってプレースタイルを変えていく事で20年以上に渡ってトップレベルでプレーする事を維持してきた。1980年代から1990年前半にかけては、正確さを誇るパス能力やドリブル突破、そして持ち前のフィジカルを活かし中盤の選手として当時の西ドイツの要として活躍した。


ローター・マテウスは中盤の選手としての名声を確立した後、自身の怪我もあり、ディフェンスにポジションを下げ、リべロへコンバートされる。このポジションでも彼の正確なパス能力が遺憾なく発揮され、強烈なキャプテンシーでチームを最後尾から統率し、結果的にリベロでのプレースタイルを確立するに至った。彼の人生のキャリアのピークとも言えるのは、1990年のW杯であり、この大会でマテウスは4得点を挙げるなど大活躍しチームは決勝進出、そして決勝の大一番アルゼンチン戦では見事勝利を収め、ドイツ代表を優勝へと導いた。この優勝から欧州最優秀選手に選ばれるなど多くの個人タイトルを獲得し、現在では90年代で最も偉大なドイツサッカー選手と呼ばれている。

◇スポンサーリンク◇
  • フィットネスクラブ 広島
  • dm代行
  • ヨガ 効能
    ヨガには、いろいろな効果・効能があると言われています。ここではヨガがもたらしてくれる効果・効能についてご説明します。|【 ヨガマスター≪Yoga Master≫】ヨガの呼吸法やダイエット効果など気になる情報が盛りだくさん!